2014年05月21日

山口県知事への抗議行動に参加を!

3月8日に「上関原発を建てさせない山口県民大集会」を成功させた事務局が、 5月23日(金)17時〜18時 県庁正面玄関前の抗議行動への参加を、次のとおり呼びかけています。 3月8日の集会から2ヶ月が経過しました。この間、集会の宣言文を 知事に渡し、10万6507筆の埋立免許延長申請を即刻不許可とすることを 求めた署名も提出しました。しかし、これらの県民の意思を村岡知事は 踏みにじり、あろうことか6度目の質問書を中国電力に送付、しかも回答の 期限を2015年5月15日までとする旨を伝えました。この間は、免許は 失効しないそうです。 本来は県民のために仕事をすべきはずの知事が、中央政府や、 政権与党の顔色だけを伺うという、山口県の悪しき伝統が 今回も引き継がれたことに対して、強い憤りを覚えています。 しかも村岡知事は、まだ41歳です。こんな人物が向こう複数期に わたって知事であり続けるかもしれないということについて、 山口県民はもっと怒りを示さねばならないと考えます。 今回の村岡知事の公有水面埋立免許延長申請に対する許し難い 再質問に対し、わたしたちは3.8集会の参加者の意思を結集して、 抗議したいと思います。以下の時間、どうぞ県庁正面玄関前の広場に ご参集ください。 日時 2014年5月23日(金)17:00〜18:00頃 場所 山口県庁正面玄関前広場 行動 3.8集会の際に掲げた「NON」の用紙を再び掲げ、県知事への    抗議を表します。 ※3.8集会当日に配布した用紙をお持ちの方はご持参ください。すでにお持ちで ない方には、当日配布します。 ※この他にも、このたびの知事の行為に対する抗議のプラカードなど、各自で ご準備くださっても結構です。
posted by 社民党山口 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2014年05月20日

5月3日憲法記念日講演会・報告

“壊憲“段階に達した“改憲”の動き ・・・護憲運動の蓄積を踏まえ「愛憲運動」へ・・・   講師:纐纈厚・山大教授 纐纈教授 【第2次安倍内閣ができた時にドイツの有名な雑誌シュピーゲルが、「時代遅れの内閣――国粋主義者の安倍新首相、中国に対して言葉と武器で武装する」と。   きわめて言い得て妙。「言葉」は「歴史認識問題に通じる。かっての植民地支配は、例えば日韓両国政府の合意のもとに行われた。」という説。明らかに歴史の捏造歪曲です。 35年間にわたる朝鮮・韓国支配に対しても、結果として朝鮮の人々が近代化を成し遂げた。なので、これは悪い行為ではなかった。いわゆる植民地近代化論です。そういう言説を繰り返し繰り返し、そして、その都度韓国・朝鮮の人たちは傷ついていく。これが言葉です。   武装は言うまでもなく、集団的自衛権を含めて強面な強力な武装力によって事を解決しようとする、外交なき外交。これを言葉と武器で武装する。こういう言い方をしている。 当時日本の大手メディア含め、これだけストレートに見事に安倍政治の本質を指摘したメディアがあっただろうか。何故ドイツのメディアが言えて、なぜ日本のメディアが言えなかったのか。   それは言うまでもない。ドイツは、日本と同じ敗戦国だったが、「あの戦争を犯罪」という認識で、全てのドイツ人が、ヒットラー、ゲーリング、ゲッペルスが悪かったけれども、悪いのはそういう指導者を選挙で、ドイツの場合、1931年の総選挙でナチス、国家社会主義労働党を選んだという。自責の念に駆られ、あの侵略戦争を犯罪と認識したのです。なので、たとえその時に生れていなかった人を含めて、ドイツがやった侵略戦争に対して明確に責任の言葉と行動をしていくのだという。強い決意があった。   そういうドイツの歴史を踏まえて、シュピーゲルは、戦争責任をどうして痛感できない日本の、あるいはトップリーダーの首相の歴史認識を言ったのですね。よその国のことはほっといてくれは、乱暴すぎる。ドイツはドイツで、非常に苦しみの中で歴史認識を深めてきた。   ドイツではヒットラーをほめそやす。あるいはゲーリングを評価する。これらの言動や出版物は憲法によって禁止されている。そこまでかっての侵略戦争・戦争犯罪を厳しく問い続ける。という憲法システムが立ち上がっている。 なので、友情国としてドイツは、このシュピーゲルは言ってくれたのでしょう。】と、    纐纈教授は語り始め、「集団的自衛権の憲法解釈変更は、米国との軍事共同作戦も可能になり、今後は日本が米国の矛になる。人柱になる。という事で、国家財政が大赤字の中で防衛費がさらに膨らむ」と指摘した。さらに、「特定秘密保護法・第9条」は、外国の政府又は国際機関に特定秘密を提供することができる。と読める「売国法」だ。とも指摘。  「国民あっての国家」「憲法は国を守るものではなく、国民を守るもの」「“憲法を活かす、愛する”を提唱したい。」と語りかけた。    (講演の文字起こし中・・・ 近く完成予定) 軍隊

佐々木明美代表のツイッター

 

(5月3日)本来の積極的平和主義とは、戦争という可視の暴力だけでなく差別・貧困・抑圧など不可視の暴力の解消までを目的とする主義。安倍首相の「積極的平和主義」の英語版は、率先して平和に貢献する=敵対する相手への先制攻撃を辞さない。と意味する英語で訳されている。今日の纐纈厚さんの講演から。

posted by 社民党山口 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

山口市議選・・・須子藤吉朗候補が上位当選!

【社会新報・山口県版第123号、2014年5月号号外】より  4月27日投開票の山口市議選において、須子藤吉朗候補が7位(2257票)8選を果たしました。  2005年10月の合併による「新山口市」誕生から8年半。ベテラン現職の多くが立候補を見送る中で世代交代の流れと地縁・血縁の色濃い厳しい選挙戦を勝ち抜きました。  投票率が49.34%で、旧山口市を通じて過去最低でしたが、須子候補は前回より票を伸ばしました。  ともに選挙戦を闘い勝利に導いてくださった地元、出身労組、支援組織、党員、そして支持者の皆さま方に、心からお礼を申し上げます。 須子当選 S0093582_convert_20140520140315.jpg 須子藤吉朗さんは、選挙前に、「引退も考えていたが、8期目の挑戦をする決断をした。今回は現職12名が引退する。少数激戦になり、地縁・血縁が顕著に現れる選挙になると思っている。 全国で市域が20何番目に広い中で土日も毎日歩いて全国区の選挙をしている。 社民党山口の5人の議員が減ることの無いように、来年の下関・宇部市議選、県議選に向けて気合が入るような、また、それに結びつくような選挙戦をやっていきたいと思っている。」と、決意を述べていましたが、見事に戦い抜き8度目の議席を勝ち取りました。 今回の勝利は、2016年の国政選挙での「社民党の議席・回復」をゴールとする三段跳びならば、まずは最初の力強い<ホップ>でした。 さらに大きな<ステップ><ジャンプ>のための準備を、早速始めなければなりません。 【山口市議選を振り返って】 佐々木明美代表のツイッターより (4月20日)今日から山口市議選がスタートです。新人候補が10人以上立候補、というのも最近の選挙では珍しく、喜ばしいことです。しかし、旧人にとっては厳しくなります。無理に無理を言って立候補を決断してもらったたった一人のわが社民党候補の必勝を期して、なおいっそうがんばらねばなりません。 (4月27日)山口市議選、社民党公認・須子議員当選!地元や、出身職場の若い後輩のみなさんの献身的な活動のおかげです。ほんとにありがとうございました。それにしても、開票を待っているあの複雑な気持ちは、何回経験してもいやですね!ところで、市議選さえ、50パーセントを切った投票率は大問題です。 【山口市議選を振り返ってA】 社民党山口のツイッターより (4月20日)山口市議選がスタート。社民党県連合・佐々木代表が力を込めて支持拡大を要請。須子藤吉朗候補はさらに力強く決意表明。地元、労働組合、社民党員など多くの支援者の拍手で街頭に出陣。 (4月20日)「須子」候補を、みんなの力で8度目の【議員】に当選させよう。 本日、山口市議選が告示!(社民党山口blogへ) (4月21日)山口市議選。須子藤吉朗候補。 山口市のみなさん、豊富な議会活動に裏打ちされた 「有言実行」の候補、須子藤吉朗を、よろしくお願いします。(写真略) (4月21日)山口市議選の運動で通りかかって見つけた看板(山口県弁護士会の特定秘密保護法制反対)…世界中が危惧する平和主義の放棄に、何故に世間の憤りが爆発しないのか?と思いつつ。須子選挙頑張らねばーと。(写真略) (4月25日)エネルギー基本計画・「原発再稼働審査が世界で最も厳しい水準」明記の根拠は、「最高水準だから最高水準」だそうだ。特定秘密保護法が「何が秘密か、秘密」と同じ。こんな出鱈目な政権さようならは、身近な選挙から!山口市議選・須子藤吉朗は「上関原発の建設中止の意見書提出」訴え中!投票よろしく (4月22日)産業競争力会議で安倍首相は残業代ゼロを一般社員に広げるよう検討を指示…怒・雇用の確保、労働環境の充実を目指す。山口市議選・須子に投票し怒りを示してください。(写真略) (4月23日)山口市議選・須子藤吉朗。働く者のために…奮闘中〜候補から議員に押し上げるのは、あなたの一票!投票よろしくお願いします。(写真略) (4月23日)山口市議選・須子(スコ)藤吉朗候補、今日は市役所前で「朝立ち」からスタート。昼休みに合わせ再び市役所前で街頭演説de支持wo訴え!小林雄二周南市議も応援に!(写真略) (4月24日)山口市議選も終盤戦に突入。「合併して9年、生活道路網の整備は、まだまだ・・・。みなさんのパイプ役を務めたい。」などを訴える須子候補に、一票を託してください。期日前投票も簡単になってます。(写真略) (4月24日)今日の須子藤吉朗候補は休憩もそこそこに、本気モード全開の運動員にせかされて遊説再開に出発。 山口市議選・須子選挙も最終盤! (社民党山口blogへ) (4月25日)山口市議選・須子藤吉朗候補の応援に駆けつけた宮本輝男宇部市議!連日交代で議員党員も奮闘中。(写真略) (4月25日)エネルギー基本計画・「原発再稼働審査が世界で最も厳しい水準」明記の根拠は、「最高水準だから最高水準」だそうだ。特定秘密保護法が「何が秘密か、秘密」と同じ。こんな出鱈目な政権さようならは、身近な選挙から!山口市議選・須子藤吉朗は「上関原発の建設中止の意見書提出」訴え中!投票よろしく (4月26日)山口市議選、須子藤吉朗の最後の訴えは、やっぱり地元で!選挙は明日まで、携帯など、できることはやり遂げて欲しい。と選対委員長が檄…頑張らねば!! (写真略) (4月27日)安倍首相は、「一般社員にも残業代ゼロ」の検討指示。TPPで「牛肉・豚肉の大幅関税引き下げ。と自動車の安全基準緩和」で譲歩したのではの報道あり。安倍首相の本音は「日本を世界一、企業が活動しやすい国」にすること。都合の悪い事は隠しそう!今日山口市議選投票日、須子よろしくの携帯しよう。(写真略) (4月27日)当選\(^-^)/山口市議選・須子藤吉朗…地元、労組のみなさんの努力が実った。社民党員も頑張った\(^-^)/(写真略)
posted by 社民党山口 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類