2017年05月29日

福島みずほ参議が、山口から日本を変える市民の会・山陽小野田(かえる会)発足総会に

5月28日(日)、「山口から日本を変える市民の会・山陽小野田}(かえる会)の発足総会に福島みずほ参議院議員(社民党副党首)が駆けつけて記念講演。DSC_4626.JPG
福島みずほさんは、講演で……なぜ今、共謀罪なんでしょうか。安倍内閣は、秘密保護法を作り、戦争法、安保関連法を強行採決。盗聴法を拡充し、そして今、共謀罪を今国会で成立させようとしています。何のためか、憲法9条を変え、戦争のできる国にする.その為に、物言わぬ人々、というか、物言う人々を叩こうとする。のだと思う。
誰だってターゲットにするためにやる。
私たちに何ができるのか。声を上げよう。人と話をしよう。民主主義を守ろう。安倍内閣の支持率を下げ、退陣に追い込もう。選挙で未来を作ろう。
戦争を止めるという共謀・連帯があるのであれば、その連帯に参加をしなければならない。憲法改悪を阻止する共謀・連帯があるのであれば、その連帯に参加をしなければならない。人と人とが繋がっていく、そんな連帯を拡げていきましょう。どうでしょうか。みなさん。……との呼びかけに対し、会場から大きな拍手!DSC_4629.JPG
「かえる会」は、先の参議院選挙山口県選挙区で「纐纈厚・前山口大学副学長」を擁立し共に闘った山陽小野田市の野党共闘と市民が、選挙は敗れたとはいえ、かってなかった選挙協力を通じて深まった友情・信頼関係を継続したい。政党の色や匂いのするいつものメンバーばかりでなく、もっと広く、市民も参加しやすい運動を作ろうと。この間、忘れもしない2015年9月19日、あの戦争法を強行採決した「9・19を忘れない」平和デモ行進などを通じて機運が醸成され発足に至りました。
共同代表には、市民・市民団体から4氏が就任されました。


posted by 社民党山口 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治