2016年09月18日

上関および周辺地域は生物多様性のホット・スポット

「上関の自然を守る会」が記者会見と山口県へ申し入れ
DSC_3205.JPG
上関の自然を守る会が、レッドリスト上関2016(上関の希少野生動植物)を発行。記者会見
その後、山口県に申し入れ。環境保護の観点から上関原発計画が貴重な自然生態系に与える壊滅的な影響についての中国電力の環境アセスメントの不十分さを指摘し、山口県として独自の監視体制の確立を要求してきたところだが、8月3日に山口県知事は6年間も判断を棚上げしてきた原発建設予定地の公有水面埋立免許延長許可を客観的情勢変化もない中で下したことに不信と怒りを抱き、山口県が世界に誇るべき貴重な自然遺産を守るため、埋立許可を取り消すよう具体的には次のとおり、3点について申し入れた。

@現在、改定作業中の山口県レッドデータブックに「レッドリスト上関2016  上関の希少野生動植物」の情報を反映させること。
A知事は2016年8月3日に中国電力に公有水面埋立免許延長許可を出したが、環境保全の観点から中国電力に対し、早急に希少生物調査及び保全計画を提出させること。
B上関の生態系の貴重さは今や世界的に認知されており、公有水面埋立許可を取り消すこと。
県の対応は、まるで人ごとのようで極めて不誠実なものであった。
回答1、各分野の専門家で組織された希少野生動植物保護検討委員会で検討してもらっている。(2017年度末に改定予定)
情報提供があったことは伝える。
回答2.出願時の環境保全図書の中に、新たに重要な動植物の生息や生育が確認された場合は、寛容監視委員会等の意見を聞きつつ、これらの種の生息・生育環境破壊に対する影響が最小限となるよう適切な保全対策を講じることす。とされており、埋立区域内で新たに重要な動植物の生息や生育が確認された場合は、事業者の責任において適切に対応がされるものと考えている。
回答3、@公有水面埋立免許については、法に基づき適正に審査しているものであり、現在、法令等に違反する事実がないので取り消すことは考えていない。
A国のエネルギー政策に基づき、電気事業者である中国電力が進めているものであり、計画は中国電力が判断するもの。
DSC_3247.JPG
【ご紹介】
「レッドリスト上関2016 山口県上関の希少野生動植物」…
1、執筆・編集は加藤真・京都大学教授、佐藤正則・鹿児島大学教授など16名の専門家・市民で構成される「レッドリスト上関編集委員会」が作業を行い、完成させたもの・
2、内容は、252種の希少野生動植物が上関町から記録された。そのうち147種は国や山口県のレッドリストに掲載されている種で、さらにそのうち93種は上関原発建設計画地内及びその周辺1kmに生息している。中国電力のこれまでの調査で確認されていない種も含まれている。非常に多くの希少野生動植物が上関町と上関原発建設計画地周辺に生息することが明らかになった、これらの希少野生動植物と自然環境の保全が提言されている。
3、調査活動に対するカンパとして、500円で販売中
4、申込先は…上関の自然を守る会 代表 高島美登里
       TEL 090−8995−8799
       FAX 0820−62−0710
       E-mail midori.t@crocus.ocn.ne.jp



posted by 社民党山口 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月11日

中国電力のスラップ訴訟を打ち砕く!

8月30日、山口地裁において、中国電力によるスラップ訴訟(恫喝訴訟)の和解が成立!
2009年12月に提訴されて以来6年8か月に及ぶ訴訟が終了。
勝訴判決に匹敵する勝利的和解でした。

山口地裁での和解成立の前段には、山口県庁玄関前で、8月3日に山口県知事が上関原発建設予定地の公有水面埋立延長申請許可に対する抗議行動も展開され、詩人のアーサー・ビナードさんも駆けつけられた。
IMG_2285.JPG

DSC_3156.JPG

00070001.JPG











中国電力による上関原発スラップ訴訟に勝利的和解を勝ち取る!
1、賠償金4800万円については、中国電力に損害賠償権を全額放棄させる。
2、和解で、裁判は終了するので、これ以上の裁判対応は不要になる。
3、今後の上関原発反対運動については、中国電力はわたしたちが「一切の表現行動について…何らの制約を受けないことを相互に確認する。」
と認めざるをえませんでした。
逆に、反対運動の側は、法律を守って行動するという法治国家における当然のことを確認しただけで、反対運動は何らの制約を受けませんでした。 以上の3点から、弁護団は、この和解を勝訴判決に匹敵する勝利的和解だと評価!
弁護団が、勝利の要因として挙げたのは…
@被告4人の団結(辛さを見せなかった。中電はくじけさせようとしたのだが、くじけなかった。逆にファイトを見せた)
A支援者の輪が、大きく拡がった。(毎回。傍聴行動に大勢が詰めかけた。)(広島からは、バスをチャーターしての傍聴・支援行動が組織された。)
B弁護団も頑張った。

祝島の暮しと上関原発〜止めようSLAPP裁判〜http://kaminoseki-genpatsu-slapp.jimdo.com/4800%E4%B8%87%E5%86%86%E6%90%8D%E5%AE%B3%E8%B3%A0%E5%84%9F%E8%A3%81%E5%88%A4/




posted by 社民党山口 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治

吉田忠智党首の続投を、全党員が支える決意を!

9月9日東京で、第8回全国代表者会議が開催され、先に辞任の意を示していた
吉田忠智党首の続投を議論の上、確認し合いました
代表者会議.JPG
吉田忠智党首の挨拶(要旨)
 今回の参議院選挙で社民党は、「アベ政治の暴走を止める」をスローガンに、戦争法廃止など6つのスローガンを掲げ闘いました。勝利に向け粘り強く戦っていただいた全国の党員・同志の皆様にお礼を申し上げます。
 今回、32の1人区すべてで4野党により候補者を一本化し、3年前の2議席を大きく上回る11議席の成果を上げることができました。社民党が「野党連携の要石」の役割を果たした結果であります。
 参議院選挙にあたり、2議席以上を獲得するため、ブロック事務局長会議での提案で、比例候補を11ブロックすべてで擁立するという方針を初めて掲げ、また9つに増えた3人区以上の選挙区では、全て公認候補を擁立しようという方針を決定して取り組んできました。比例代表の統一名簿方式についても実現を模索しました。
 しかし、候補者擁立が大幅に遅れ、危機感の募る中、5月12日の常任幹事会での「民進党との合流も選択肢の一つ」という私の発言が部分的に切り取られ、マスコミに大きく取り上げられました。もちろん、民進党に合流を持ちかけた事実はなく、発言はただちに撤回し、謝罪させていただきました。しかし、私の発言が現場で頑張って戦っている候補者をはじめ多くの党員。支持者の皆様に不安や動揺を与え、ご迷惑やご苦労をおかけしたことにつきまして、心からお詫び申し上げます。
 結果は、比例代表1名の当選に留まる厳しい選挙となりました、党首という重責を担わせていただきながら、目標を達成することができず、私自身の議席も失う結果となりました。党首として責任を取りけじめをつけるならば、党首の職を辞するべきと考え、7月14日の全国常任幹事会において、「しかるべき時期に辞任表明を行い、次期党首に引き継ぎたい」と表明しました。しかい、8月31日の両院議員総会と翌9月1日の常任幹事会の意思は、私に対し、党首としての任期を全うせよというものでした。また、いくつかの県連合やブロック協議会かも、同様の趣旨の要請がされているともお聞きしました。
 熟慮の結果、継続して任に当たり社民党の再建・再生に努力することが責任を果たすことであると受け止め、組織人として続投要請を受け入れ、引き続き、党首としての重責を担わせていただく決意をいたしました。来るべき総選挙、その次の参議院選挙で党の議席を積み上げ、その中で私自身も捲土重来を期したいと考えています。とはいえ国会の議席を失った人間が党首を続けることはまさに異例の事態であり、全国の同志の皆さんのご理解ご協力が不可欠です。どうか、この決意を受け止めていただき、皆さんのこれまで以上のご支援を賜りたいと思います。
 その上で改めて3点申し上げます。
 第一に憲法の問題です。衆参とも憲法審査会において、「憲法改正」に向けた議論が進むことが懸念されます。社民党は、今最も大事なことは、憲法を変えることではなくて、憲法の理念や条文を活かすことであると主張してきました。集団的自衛権行使容認と「戦争できる国」づくり、貧困・格差の拡大、社会保障の切り捨て、4割を超えた非正規労働者の現状、奨学金返済に苦しむ若者、大地震・原発事故等の被災者の現状、沖縄の過重な基地負担、言論弾圧など、現在の国民生活と政治の現状は、憲法の理念や条文が踏みにじられ、活かされていない問題であることを浮き彫りにしています。アベ政治の暴走を止め、明文改憲をなんとしてでも、阻むため、現実の政治を憲法の理念や条文に近づける「活憲運動」を国民運動へと組織し発展させていこうではありませんか。
 第二は、社民党の再建・再生についてです。2013年11月1日の全国代表者会議で私が社民党党首の重責を担って以来、「対話続行・改革断行」のスローガンを掲げ、「ただともの輪・全国対話キャラバン」と銘打って、全国各地で対話を行い、党改革推進本部における議論を経て、2014年2月の定期全国大会において「党改革第一弾」9項目を決定し、実行してきました。すでに、一定の方向性を出した課題もありますし、いまだ道半ばの課題、ほとんど着手できていない課題もあります。引き続き、党改革の前進を図り、国民に信頼され、選択に値する社民党へと再建・再生を進めていかなければなりません。
 最後に、衆議院選挙についてです。解散・総選挙は、早ければ来年の通常国会冒頭にもありうるのではないかと言われています。社民党にとって、引き続き正念場の戦いになります。必ず議席を増やさなければなりません。衆議院の小選挙区においても、野党4党による候補者の棲み分け・一本化を行い、現職2名の小選挙区における当選はもとより、「選択と集中」により候補者擁立を進め勝利に向けた体制の構築に全力を挙げます。

 全党のみなさん!皆さんの奮闘によって、比例代表の得票が28万票以上増加したこと、若い世代との絆が深まったこと、1人区における候補者一本化に社民党が大きな役割を果たしたことなど、明るい兆しもあります。どうか全党一丸となって、そうした成果を今後の党の再建・再生、衆議院選挙など各級選挙に活かし、「平和・自由・平等・共生」の社会民主主義をめざす社民党を大きくしていこうではないですか。
 亡くなった土井たか子名誉党首がおっしゃっていた、「絶えず転がり落ちてくる大石を山頂に運び上げる、あのシジフォスの神話のように、無限に根気のいる難事業であるかもしれません。しかし、全党の皆さんのご協力があれば必ずや成し遂げられると確信しています。私は改めて党首として先頭に立ち、全身全霊で取り組んでまいります。


議事
(1)幹事長報告
(2)第24回参議院選挙闘争総括
(3)第48回衆議院・総選挙闘争方針
(4)当面の取り組みについて
(5)財政・組織検討委員会の設置
 活発な討論、質疑があり、全て承認された。




posted by 社民党山口 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治