2014年01月22日

新春旗開きー暮らしの現場を大切にー頑張ります

1月10日に下関支部、1月17日には宇部支部が新春の旗開きを開催。両会場とも社民党員と支持者に加え連合地域協議会の各労組からも多くの組合員の参加を得て、にぎやかに盛り上がりました。 下関(1) 山下隆夫・下関支部長(下関市議)は、安倍政権の横暴ぶりが顕著になっている。「特定秘密保護法案」の強行採決はその最たるものだ。今後も強まる安倍政権の暴走に対抗するためにも社民党が力をつけなければならない。と決意を述べた。 支部役員の家族手づくりの「おでんコーナー」には、毎年、長い列ができ、大好評です! 下関(2) 恒例のビンゴゲームで、旗開きは大フィーバー! 下関(3) 宇部支部では、佐々木明美(県議)県連合代表が、「特定秘密保護法」は「戦後レジームからの脱却」を叫ぶ安倍政権のめざす政治の方向性を明確にしました。「日米同盟」を強化して戦争のできる国づくりをめざしています。こんな危険な政治の流れの一方で、「年金下がり、税上がる」でしょう。怒り心頭です。県政では、県知事の変節により復活した上関原発問題。極東最大の軍事基地化しつつある岩国基地問題。さらに人口減少社会の先頭を走っている県にもかかわらず大型土木公共事業に回帰するなど「安倍首相の足下の県」を自認する山口県知事の姿勢にも怒り心頭です。暮らしの現場を大切に、危険な政治にはノーを突きつけ、頑張るのは、「今でしょうー!」の思いで、発言し行動します。 (4) 左から、田中健次・新社会党県委員長(防府市議)、宮本輝男(宇部市議)、佐々木明美(県議) 党員の西村和幸さんがギターを抱えて、大熱唱。(うまい!うまい!うまい!) 宇部支部旗開き(2) 締めは、お決まりの、「団結して〜ガンバロウ〜」 宇部支部旗開き(1)
posted by 社民党山口 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2014年01月19日

2014年度県予算・施策に関する要望書提出

当初は1月9日に予定していた対県要望は、ようやく山本繁太郎知事が辞任表明することになり延期し1月14日に知事職務代理者に提出。 県連合・佐々木明美代表と議員団会議・須子藤吉朗議長の連名で県知事職務代理者(副知事)に、8項目97件にわたる要望を行ったが、副知事より、当面骨格予算となり、新知事の意向を踏まえたものは6月県議会にならざるを得ない。とあった。 それにしても山本繁太郎知事は、就任早々から病気療養し、12月県議会も欠席。しかも、民主党政権下では、「上関原発建設予定地の公有水面埋め立ての延長申請は許可できない」「オスプレイの岩国先行陸揚げは、安全性に懸念があり容認しがたい」などと県民に言っていたのに、安倍政権の誕生とともに(見事に)180度の方針転換。山口県政史上で最短命・最低・最悪の知事だった。 縮小2014県予算要望
posted by 社民党山口 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類

2014年01月09日

社会新報山口県版ー2014年新春号ー

新春のお慶びを申し上げます 2014新春号(1)  2014新春号(2)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
posted by 社民党山口 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類